次のコンデジは何にするか…
ここ1年ぐらい悩んでいる事。

それは、デジイチのサブ機として使うコンデジを何にするか。



去年の夏前に発売された Pana の LX5 が候補に挙がったものの、

前機種の LX3 との差がそこまで無かったために踏ん切りが付かず今に至る。


Canon の S95 は、値段と機能のバランスが素晴らしくて申し分ないのは分かりきっているのですが、

Nikon党という安いプライドを捨てきれず、こちらも一歩踏み込めずにいます。


RICOH の GXR は ユニット交換方式だし、未来的な発展を想像すると面白いのですが、

如何せん大きくてポケットに入れるには辛い。


SIGMA の DPシリーズは 画作りも最高なんですが、単焦点。

どうしても欲が出てズームが欲しくなるから、これまた手が出ない。

※FUJI が発表した X100 も見た目レトロでカッコイイんだけど、

同じ理由で微妙。しかも値段設定が高すぎる。


てなてな事を考えているうちに年が明けてしまったのですが、

ここに来て、2つの有力候補が出てきました。

一つは OLYMPUS が海外発表した ZX-1、 もう一つは 正式発表は未だですが噂が出ている Nikon の次期、ハイエンドコンデジ。


まず OLYMPUS ZX-1

主な仕様としては以下
- 高感度1000万画素CCDセンサー
- 換算28-112mmのレンズ
- F1.8-2.5の開放F値
- CCDシフト式の手ブレ補正
- 2つのコントロールダイヤル、1つはレンズ周囲にある
- ISO100-6400
- 新型のTruePic Vプロセッサー(PENシリーズに使用されている)
- 大型の3.0インチ62.1万ドット有機ELモニタ
- 動画は720p 30fps Motion JPEG
- マイクロHDMIコネクタ
- 6種類のアートフィルタ(PENシリーズと同じ)
- カメラ内RAW現像
- 内蔵フラッシュ、ホットシュー、リモートフラッシュコントロール
- NDフィルター内蔵

レンズは LX5よりも明るくて、テレ端(ズーム端)もLX5よりあって、
コントロールはS95のようなコントロールダイヤル付き。
アートフィルターやアクセサリーは、PENシリーズのものを使用している。
液晶も有機ELを使っているので、快晴の時にもきれいに見えそう。
動画が唯一、720pと劣っていますが、写真メインの自分としてはそこまでネックにはならないかなと。


次に、Nikon の 次期ハイエンドコンデジ

正式発表は未だですが、24-100mmズーム域とF1.8の開放F値という噂。
あとは上の ZX-1 とどれぐらい差別化がされていて、
Nikon の画作りがどこまでされているかによりますかね。

それ以上に、最近の Nikon のコンデジは、全然本気度が感じられないので、
今回のこのコンデジがどこまで本気で作られているのかが一番ですが。

いずれにしても、そろそろ決まりそうな予感です。

(上につらつらと書きましたが、やっぱり Nikon の 次期FXフォーマット一眼も楽しみです)
[PR]
by minabe-keita | 2011-01-08 00:18 | Log
<< Facebook 始めました Mother Touch ~戦... >>