カテゴリ:Music(J-Rock/Pop)( 33 )
ハナレグミ / オアシス (J-Rock/Pop)
c0089950_032790.jpg


ハナレグミ / オアシス (J-Rock/Pop)

1, あおい きれい 1:15
2, Crazy Love 4:29
3, オアシス 5:08
4, Spark 6:12
5, きみはぼくのともだち 4:29
6, hi tide lo tide 3:03
7, ごっつあんです ~今夜はジュワイ欲中毒~ 3:31
8, か! た!! かたち!!! 5:12
9, ぐにゃ~てなる 1:21
10,天国さん 4:10
11,ちきしょー 6:33


元Super Butter Dog のフロントマン、永積タカシのソロプロジェクト ハナレグミ 2年ぶりの new album です

今回の作品も永積さんのハイトーンな声が心地良い、

優しくもあり、楽しいアルバムに仕上がっています。


アルバムタイトルにもなっている3曲目の「オアシス」は、

PVを見ていると一緒に飛び跳ねたくなるような楽しい曲になってます。

このブログでも紹介した U-zhaanさんも出ているのですが、

あんなハイテンションで飛び跳ねるU-zhannさんは初めて見ましたw



4曲目の「SPARK」は、児玉奈央さんに永積タカシさんが提供した曲を

セルフカバーした曲。


そして5曲目の「きみはぼくのともだち」

作詞はクラムボンの原田郁子さん、作曲が永積タカシさんです。

この曲が優しくて切なくてとても良いです。

みなさんに是非聴いてもらいたい1曲です。


残念ながら、YouTubeには誰かがカバーしたものだけでしたが…↓↓↓
amazonでは少しだけ、音源を視聴することが出来ます ⇒⇒⇒ amazon


きみはぼくのともだち
作詞; 原田郁子
作曲; 永積タカシ

※一部抜粋

眠れないのなら そばにいるよ

星の見えない夜

心の奥に沈む悲しみ

そこまで ゆこう


自分をうまく出せずに わかえりあえずに そっと傷ついて

本当を探し続けるうちに

遠くまで来たんだね


あぁそばにいるよ 小さなあかり灯して

あぁそばにいるよ 君は僕のともだち

あの頃僕らが好きだったうたをうたおう
[PR]
by minabe-keita | 2011-09-12 00:26 | Music(J-Rock/Pop)
くるり / Best of Quruli TOWER OF MUSIC LOVER2 ( J-Rock )
c0089950_23324543.jpg



くるり / Best of Quruli TOWER OF MUSIC LOVER2 ( J-Rock )

1. 奇跡
2. 旅の途中 (初CD化)
3. さよならリグレット
4. キャメル
5. シャツを洗えば
6. かごの中のジョニー
7. 恋人の時計
8. ブレーメン
9. 三日月
10. 最終列車 (初CD化)
11. 魔法のじゅうたん
12. ジュビリー
13. 言葉はさんかく こころは四角
14. 鹿児島おはら節 (初CD化)


前回の TOWER OF MUSIC LOVER (1) から5年ぶりとなる ベスト版 です。

(前回は 3枚組でしたが、今回は1枚です)

今回も聴いていて心地の良い曲が多く、とても聴きやすいです。

そして思ったよりもたくさんの曲がCMで使われているので、

聞き覚えのある曲がたくさん入っているのもポイントの一つ。

日本語歌詞を歌う、良いアーティストを探している方には本当にオススメします。



自分のオススメは
1 曲目 奇跡
13曲目 言葉はさんかく こころは四角


1曲目は、菅野 美穂 さんが出演されていた好評の チオビタのCM で使われていましたね。

さらに、先日公開になった、映画「奇跡」の主題歌としても使われています。

映画の紹介はこちら ⇒⇒⇒ クリック & Go!!


とにかく、みなさんにオススメしたい1枚です。








くるり / 奇跡  ※歌詞一部抜粋
作詞/作曲; 岸田 繁

いつまでも そのままで 泣いたり 笑ったりできるように
曇りがちな その空を 一面晴れ間に 出来るように

神様ほんの少しだけ 絵に描いたような幸せを
分けてもらえるその日まで どうか涙を溜めておいて

言葉は転がり続け 想いの丈を通り越し
上手く伝わるどころか 掛け違いのボタン 困ったな

あぁいつもの君は 振り向いて笑う
溜め息混じりの僕を許してね

退屈な毎日も 当然のように過ぎていく
気づかないような隙間に咲いた花 来年も会いましょう

さぁここへおいでよ 何にもないけれど…



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

くるり / 言葉はさんかく こころは四角  ※歌詞一部抜粋
作詞/作曲; 岸田 繁


言葉は三角で 心は四角だな まあるい涙をそっと拭いてくれ

知らない街角の 知らない片隅で 知らない誰かと恋に落ちるだろう


いつかきっと君も 恋におちるだろう つないだお手々を振り払うように


地下鉄は走ってく 君は髪をなびかせて

いつかきっと君も 恋におちるだろう つないだお手々を振り払うように


明るい話ししよう 暗くならないうちに

この恋が冷めてしまわないうちに


言葉は三角で 心は四角だよ まあるい涙よ飛んでゆけ
[PR]
by minabe-keita | 2011-08-08 23:50 | Music(J-Rock/Pop)
Spangle Call Lilli Line / forest at the head of a river (Rock/Pop)
c0089950_22555054.jpg


Spangle Call Lilli Line / forest at the head of a river (Rock/Pop)

zola
sea of lights
em
cobalt
out of sight
univocal


Spangle Call Lilli Line 9作目の最新アルバム

このアルバムは、toeの美濃隆章がプロデュースに入っているのもあって、

ポストロック的な要素が垣間見られます。


前回の VIEW が爽快な疾走感を出しているのとは逆に、

ゆったりとした曲調が多く、穏やかな気持ちになる1枚になっています。


VIEW と forest at the head of a river の2枚を合わせて聞くと、

このバンドの2つの面が見られるので、楽しいかもしれませんよ。



[PR]
by minabe-keita | 2010-11-23 22:58 | Music(J-Rock/Pop)
Spangle Call Lilli Line / VIEW (Rock/Pop)
c0089950_2254329.jpg


Spangle Call Lilli Line / VIEW (Rock/Pop)

eye
rio the other
rara
square bird
shower beige
cliche
garden loy
apres guerre
crawler
a priori


先日のブログでも紹介した Spangle Call Lilli Line の8作目のアルバムです

(意外に出してるんですね)


自分が知ったのは、この一つ前に出されたシングル Dreamer からなので、

以前の彼らと比べてどうという事は書けないのですが、

聴いてみての率直な感想を書きたいと思います。



1曲目は、ブログで紹介した eye

躍動感と疾走感あふれる曲調と、Kanaさんの透き通るようなヴォーカルとがマッチしていて、

聴いていて胸が晴れるよう。


ただ、きっと言葉の響きで作られているからでしょうが、

歌詞の意味は相変わらずよく分からず…


ライブ活動を休止しているようなので、

再開したときには、是非見てみたいバンドの一つです。



[PR]
by minabe-keita | 2010-11-23 22:54 | Music(J-Rock/Pop)
児玉 奈央 / SPARK (POP)
c0089950_22493938.jpg


児玉 奈央 / SPARK (POP)

1. 海を渡ろう
2. o-o-h child
3. SPARK
4. DELL
5. 水面
6. いつかはこの世も
7. 境界
8. 愛のエフェクタ
9. 金星のダンス
10. 酒場


One Earth のヘッドライナーもつとめた 児玉 奈央さんの 2ndアルバム

Majestic Circus のときのイメージからは完全に脱却し、

YoleYole で培った優しいイメージを引き継いで、

とても癒される一枚になっています。


YoleYole でも歌っていた、The Five Stairsteps のカバー o-o-h child の

日本語歌詞バージョンはピアノの音色と日本語の歌詞がマッチしていて、

凄く雰囲気の良い曲になっています。


またこの児玉 奈央さん、ハナレグミの永積 タカシさんと高校の先輩と後輩という間柄。

その永積さんから提供してもらったという 3曲目の SPARK は、

題名とは反対にゆったりとしたメロディーですが、

内から溢れ出るパワーが出ているとても良い曲です。


お酒を飲みながら、ゆっくり語り合いたい時や、

一人でポーっとしたい時なんかも良い一枚かもしれません。





SPARK
歌手:児玉奈央
作詞:児玉奈央・永積崇
作曲:永積崇

いつだって大切な事は 手のなかにあるよ
気まぐれな感情に 傷つかなくたっていいんだよ

大切な君を抱きしめるよ
やわらかな 月のように

ah ほら はじけちゃうよ
ah いま ほどけちゃうよ
こわばった心が

SPARK!! SPARK!!

いつだって過去からは 光は届かないけど
流れが止まったわけじゃないよ チャンスに変えれるよ

大切な僕を抱きしめてよ
ふりそそぐ 太陽のように

ah ほら はじけちゃうよ
ah いま ほどけちゃうよ
ねじれれてた からだが

SPARK!! SPARK!!

ah ほら はじけちゃうよ
ah いま ほどけちゃうよ
ah この歌を歌えば
ah ほら ほどけちゃうよ

SPARK!! SPARK!!
[PR]
by minabe-keita | 2010-11-23 22:49 | Music(J-Rock/Pop)
clammbon / 2010 (Pop)
c0089950_23532956.jpg


clammbon / 2010 (Pop)

1. serendipity
2. KANADE Dance
3. NOW!!! (2010 ver.)
4. SUPER☆STAR
5. JAPANESE MANNER
6. Ka-Ka-KaLMa!
7. Sooo,Quiet
8. ハレルトマヂカ
9. tiny pride
10. 4hands_cp_waves (1/4)
11. Aspen
12. あかり from HERE (clammbon side)
13. Bug -fughetta-


クラムボン待望のニューアルバム、ついにリリースされました♪

お気に入りは 3曲目の NOW!!!

テンポのイイ曲調にクラムボンらしい歌詞。

7月にあるライブが楽しみだ♪♪


あとそういえば最近、ゼクシィのCMから聞き覚えのある声が聞こえてきますね♪

ゼクシィ WEB ⇒⇒⇒

やっぱりイイですぅ~



[PR]
by minabe-keita | 2010-05-28 00:01 | Music(J-Rock/Pop)
Spangle call Lilli line / dreamer (Pop / Electronica)
c0089950_13722.jpg


Spangle call Lilli line / dreamer (Pop / Electronica)

1. dreamer
2. dreamer (Other Arrange Ver.)
3. nano (Piano Arrange)
4. nano (Hiroshi Kawanabe Dubmosphere remix)

Mr. J から誕生日プレゼントとして頂いた一枚。

グループ名からも想像できそうな、キラキラな一枚です☆

真っ白なような、色鮮やかなような、不思議な雰囲気のグループです。


聴いてると、なぁんか気持ちよくなってきちゃいますね。

今度、アルバム買ってみようかな??





[PR]
by minabe-keita | 2010-05-01 01:02 | Music(J-Rock/Pop)
an anxious object / Mouse on the keys (Rock)
c0089950_035327.jpg

an anxious object / Mouse on the keys (Rock)

1. completed nihilism
2. spectres de mouse
3. seiren
4. dirty realis
5. forgotten children
6. unflexible grids
7. double bind
8. soil
9. ouroboros

今年の朝霧Jamにも出演が決まっている Mouse on the keys.

ピアノ2台もしくは3台とドラムの編成です。

1度だけ、彼らのライブを見たことがありますが、

彼らのライブは、曲に合わせた映像があり、

音と映像が融合したライブになっているという事。

斬新で、凄くかっこよかったのを覚えています。



実は、皆さんも、テレビでこの人たちの曲を聴いた事がある筈ですよ!


今のマキアージュのCMで使用されています↓

http://www.shiseido.co.jp/cm_cafe/movie/makeup/smq9ba.html



来週の朝霧が楽しみだ♪


mouse on the keys / Stectres de mouse↓


mouse on the keys / 最後の晩餐

[PR]
by minabe-keita | 2009-10-04 00:35 | Music(J-Rock/Pop)
FISHMANS / 空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ (Rock)
c0089950_20421854.jpg

FISHMANS / 空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ (Rock)

[Disc1]
1. Running Man
2. Go Go Round This World !
3. チャンス
4. Pokka Pokka
5. Baby Blue
6. My Life
7. Whather Report
8. 忘れちゃうひととき
9. すばらしくてnice Choice
10. In The Flight
11. Season
12. ひこうき
13. 感謝 (驚)
14. いかれたbaby

[Disc2]
1. Blue Summer (Demo 1987)
2. ピアノ (Demo 1990)
3. ひこうき (Studio Demo 1990)
4. Little Flapper (Sg. B-Side 1991)
5. It's Be Alright (Sg. B-Side 1991)
6. 100ミリちょっとの (Rehearsal 1991)
7. あの娘が眠ってる[P.W.M.ver] (Sg.B-Side 1992)
8. なんてったの[Hakase Mix] (Unreleased Outtake 1992)
9. 青空のように (Sg.B-Side 1993)
10. いかれたBaby (Demo 1993)
11. Blue Summer[Live Ver.] (Sg.B-Side 1993)
12. Bananamelon (米国音楽 1993)
13. My Life (Demo 1994)
14. 救われる気持ち[Live Ver.] (Sg.B-Side 1994)
15. Niyabighi Baby (Analog「Melody」 1994)


こちらもフィッシュマンズのベストアルバム。

こっちには、たくさんのアーティストがかヴぁーしている

「いかれたbaby」が収録されています。う~ん、この曲は名曲です。

(頭からこのメロディーと歌詞が離れません。)



でも、この曲だけじゃなくて、FISHMANS の曲の歌詞はイイものが多いです。


もう一枚のベスト「宇宙」と合わせて、この秋の夜長に聴いて、

FISHMANS の世界にどっぷりつかってみては如何でしょう?
[PR]
by minabe-keita | 2009-09-28 20:42 | Music(J-Rock/Pop)
FISHMANS / 宇宙 ベスト・オブ・フィッシュマンズ (Rock)
c0089950_20403833.jpg


FISHMANS / 宇宙 ベスト・オブ・フィッシュマンズ (Rock)

[Disc1]
1. ずっと前
2. 気分
3. Magic Love
4. エヴリデイ・エヴリナイト
5. Just Thing
6. Slow Days
7. あの娘が眠ってる
8. 頼りない天使
9. Melody
10. ナイトクルージング
11. Walking In The Rhythm
12. 100ミリちょっとの
13. 夜の想い
14. 新しい人

[Disc2]
1. Oh! Crime[Dub] (Analog 「Oh! Mountain」 1995)
2. ナイトクルージング (Demo 1995)
3. ずっと前 (Demo 1995)
4. ナイトクルージング[Plasma Mix] (Sg.B-Side 1995)
5. Sunny Blue[Hicksville Mix] (Sg.B-Side 1996)
6. Fish Is Watching You (Unreleased Outtake 1996)
7. I Dub Fish (Sg.B-Side 1996)
8. バックビートにのっかって (Demo 1996)
9. Weather Report (Demo 1997)
10. Magic Love[Remix] (Sg.B-Side 1997)
11. それはただの気分さ (Demo 1997)
12. A Piece Of Future (Demo 1998)
13. A Piece Of Future (Live 1998)


多方面からのアーティストからも支持を得ている、

フィッシュマンズのベストアルバムです。

このアーティストを初めて知ったのは、

クラムボンが このアルバムにも収録されている「ナイトクルージング」を

カヴァーしていた事から。



独特のハイトーンボイスは、聞き込むたび癖になりそう。

あとは、このゆる~い感じが堪らなくなりそうです・笑。
[PR]
by minabe-keita | 2009-09-28 20:41 | Music(J-Rock/Pop)