<   2006年 10月 ( 52 )   > この月の画像一覧
もぅ~、ぷっつんしそぅやわ!!
何で九時近くになってから、どう考えても今日中に終わらない仕事の話をすんだよ!!

やっと終わって帰ったら11時30分、部屋に入ってパソコン付けたら
ネットワーク落ちてやがる!!

プロバイダー殺すぞぉ!!

という事で今日は短く携帯で投稿…

もうフテ寝しかないなぁ~〓
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-31 23:50 | Log
Dachambo Harbesta @代々木野外ステージ part2
c0089950_0502231.jpg

コメントの返信遅れて申し訳ありません。。。
したから読んでださいまし。。。

土曜日の代々木での Dachambo のライブは最高!でした!!
その他の写真はこちら →→→ Dachambo Harbesta @代々木野外ステージ part 1

ディジュリドゥ奏者で最近グイグイ引っ張りだこのGOMAもゲストで参加するなど、内容も盛りだくさん!
まさかDEADのカヴァーまでするとは、、、恐るべし!!


でも、悲しい現状も…
それはライブの感想を書く時にたびたび話すマナーのお話。

GREATFUL_DEADから受け継がれてきた

「純粋に音楽を楽しもう」

っていう精神。

本当にみんなめっちゃくちゃ楽しんでたし、オレも楽しかった!
でも、あまりにも楽しすぎて周りが見えなくなってる人もいたみたいで。

モッシュ・ピットで踊りまくるのもイイけど、
一番前の女の子が潰されててめちゃくちゃ苦しそうだった。

ステージの上で踊るのはイイと思う。
(実際に DEAD のショウではステージの上で踊ってる人もたくさんいるしね)
でも、演奏してるメンバーの間に割って入っていくのってどうなんだろう。
デコを壊す勢いで周り見ずに踊り狂うのってどうなんだろうなって。

一生懸命に準備してきたスタッフとかメンバーの努力ってあると思うんだよね。

でも、この人達は本当に音楽が好きな人達だから、気付いてくれると思う。
みんなで楽しんでこそ!!


でも最後に、、、←こいつらは絶対に許せねぇ!

チカン、ってこの場でもこの表現で合ってるのか分からないけど、
音楽楽しみに来たんじゃないの?って聞きたい!
せっかく楽しんでる人達まで台無しにするのは許せないと思う。

そういう気持ちでライブ来てるんなら帰れよ!!!
本気でそう思うわけです。だって音楽好っきやもん!!!!!!

さて、しんみりした話はこのくらいにして、、、
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-31 01:03 | Log
The String Cheese Incident / On The Road 06.07.01 RED ROCKS
c0089950_0371719.jpg


The String Cheese Incident / On The Road 06.07.01 RED ROCKS (Blue Grass)

Disc 1
SET 1
1, INTRO
2, ONE STEP CLOSER
3, GOT WHAT HE WANTED
4, RAIN
5, MISS BROWN'S TEAHOUSE
6, CAN'T STOP NOW
7, DESERT DAWN

Disc 2
SET 2
1, INTRO
2, KIDNEY IN A COOLER
3, SHINE
4, BIRDLAND >
5, FLYING HOME JAM >
6, BIRDLAND
7, RESUME MAN
8, SOLUTION

Disc 3
1, WAY BACK HOME
2, TEXAS
ENCORE
3, CHATTER
4, CHINA CAT SUNFLOWER >
5, I KNOW YOU RIDER

最近復活気味のチーズの On The Road シリーズ!

そのシリーズから、今年のRED_ROCKの音源ゲットー!!

説明しよう
「RED_ROCKとは、グランド・キャニオンの岩場をそのまま使い、ステージと客席に。
 そんな最高な環境での野外ステージ!
 PHISHも世界で一番好きなステージだ。と言っていたのは有名なお話。」

そんな場所での演奏だけに、1曲目からめっちゃ気合の入ったショウが繰り広げられております!!

まだまだ、オレは Disc 1 しか聴けていないですが、
1曲目の One Step Closer でビリーの優しい声とアコースティックにやられ、泣きそうに。。。
かと思えば、 Set 1 も終わりの DESERT DAWN ではいつの間にか超アゲまくり!!

まだまだ、Disc 2 ではレア・トラックの SHINE の演奏もあり、
Disc 3 でもTEXAS をやっていたり、、、

何よりもすごいのは、このショウでのゲスト!

アコーステック・ギターの天才で一人ジャム・バンドのケラー・ウィリアムス!

そしてアンコールからは THE DEAD からボブ・ウェアらが加わり大編成になってます!!

正気で聴いてられるかが心配…
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-31 00:49 | Music(Blue Grass)
RAQ / Ton These
c0089950_0255682.jpg


RAQ / Ton These (Jam Rock)

1, walking incircles
2, forget menot
3, tumbling down
4, glimpse
5, lush of lush
6, Bootch Magoo
7, will run
8, City Lunk
9, one of the sedays
10, said and done
11, the whistler
12, Botz

超~、待ちに待ったこと数年。。。

やっとRAQのNEW_ALBUMがでました!!!

軽快なギターとピアノ!
ドライブには超ウルトラ最高の一枚です!!

本当に聴きやすい一枚。
JAM_ROCK入門にももって来いかもです。

PHISH解散の後は、 Moe. , Umphrey's Mcgee, そしてこのRAQが
JAM_ROCK界を引っ張っていってくれるはず!!

絶対、ぜぇ~っったいに必聴の一枚!!!!!!!!!
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-31 00:40 | Music(Psyche/Rock)
Dachambo / Rewrasian Gypsies
c0089950_0155066.jpg

Dachambo / Rewrasian Gypsies (Japanese Jams)

1, ARROWS OF TIME
2, Munchies
3, Nothing in my pocket
4, アンジョリーナ
5, TOO MUCH SHY (tO SHINE)
6, Jilalan
7, Melody for everyway
8, Laca Laca (means We Love...)
9, Mascaline


代々木でも朝霧でも、行って来た人達の話によれば、渚でも。。。
最高のステージを見せてくれた Dachambo のNEW_ALBUM をようやくゲット!!

今回もめっちゃ最高の出来!!

中でもやばいのは最後の Mascaline!!!!!!!!!!!!

「ドゥルダラッ、ドゥルダラッ、ドゥドゥルダラッ、ドゥルダラリルダラッ!」

何十分でも続けられる Jam をがんがん12分に凝縮した一発!!

お前も Dachambo村民じゃぁああああぁあぁあああああああぁあ~~~~~~~ぅうあ!!
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-31 00:23 | Music(J-Rock/Pop)
おもちゃカメラで見た風景
トイ・カメラ「Baby・HOLGA」で撮った風景

ゴーゴー!! →→→
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-31 00:06 | Photo
おもちゃカメラで見た朝霧JAM
c0089950_2326477.jpg←これ、なんだか分かります?
実はこれ、カメラです。

俗に言う、トイ・カメラってヤツです。

でわ題名どおり、おもちゃカメラで見た 朝霧_JAM の模様をどうぞ

ゴーゴー!! →→→
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-30 22:06 | Photo
Dachambo Harbesta @代々木野外ステージ
とりあえずは、画像アップします!

感想はまた後日書きますので、画像を楽しんでくださいまし!

ライブ画像 →→→
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-28 23:31 | Live Reveiw
この土日は
今日は今から Dachambo 見に代々木公園へ、

夜は乱入しにカヌー家へ、

明日は映画観にしんじゅくへ、

ワクワク♪


10/28(土) (自己表現の月、11日)
求められているあなたの自己表現。慰めの言葉。素直に謝る。
適切なときに感謝を表明する。対応する状況に応じて、気をきかせる。

10/29(日) (自己表現の月、12日)
頼まれごとには、きちんと対応する。できないのなら断わる。
できるのなら早めに仕上げる。やるべきことを、ただやるだけだ。
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-28 14:30 | Log
What I can do
今日はものすごく心打たれた話を見つけたので、その紹介をします。

まずは、その内容から。
すごく短い絵本なので、実際の絵と写真を載せるので読んでもらえるとうれしいです。

c0089950_23495090.jpg「私にできること / What I can do」



この物語は、南アメリカの先住民に伝わるお話です。


c0089950_2358529.jpg森が燃えていました

The forest was on fire.


c0089950_23582358.jpg森の生きものたちは
われ先にと逃げていきました

All of the animals,
insects and birds in the forest rushed to escape.


c0089950_23504978.jpgでもクリキンディという名の
ハチドリだけは
いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます

But there was one little hummingbird named Kurikindi,
or Golden Bird, who stayed behind.
This little bird went back and forth between water and fire,
dropping a single drop of water from its beak onto the fire below.


c0089950_2351440.jpg動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」
といって笑います

When the animals saw this they began to laugh at Kurikindi.
"Why are you doing that?" they asked.


c0089950_23511433.jpgクリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」

And Kurikindi replied, "I am only doing what I can do."



表紙の写真を見てもらうと分かると思うんですが、
もともとは地球温暖化について訴える本です。

でも別に、地球環境っていう大きなスケールじゃなくても、
周りの家族とか友達、仕事とかでも
何か今の自分に出来ることは無いだろうか?
と考えてみる。

「今の自分には、どうせここまでしかできない」
っていう風に、マイナス方向に限界を決め付けて考えるんじゃなくて、
プラス方向に考えてみれば、いろんな面で成長につなげられるかも。


なぁ~んて、またしても偉そうな文になってしまった…汗。

上の文はただのオレの感想文だと思ってもらえれば良いです・笑。


ただ、最後まで読んでくれた人はどう感じたでしょう?
感想を聞かせてもらえるとうれしいです。

10/27(金) (自己存在の月、10)
どんなことにも対応できる準備を忘れずに。
そうすれば、訪れたチャンスやいまの状況を最大限に活用することができるはず。
[PR]
by minabe-keita | 2006-10-27 00:08 | Book(Novel)