<   2006年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧
Clammbon / 3 peace
c0089950_2337648.jpg
Clammbon / 3 peace live at 百年蔵 (J-POP) 

Disc 1
1, シカゴ
2, はなれ ばなれ
3, 拍手
4, 月食
5, アンセム
6, 外出中
7, 波よせて
8, PRAYER
9, おだやかな暮らし
10, ナイトクルージング

Disc2
1, 便箋歌
2, 恋わずらい
3, カルアミルク
4, Folklore
5, バイタルサイン
6, サラウンド
7, THE NEW SONG
8, ~ アンコール ~
9, ~ MC ~
10, That's The Spirit
11, サマーヌード

2006.07.10 に行われたライブを収録した
クラムボン初のライブアルバム!!

場所は彼らの地元・九州は百年蔵で行われたライブの模様を収録しています。
本当に楽しそうにライブをする人達だなぁ~。

絶対にまた、もう一度彼らのライブを見たい!!


クラムボン / 雲ゆき

心の雨止まない 流れてくれないの
君にぶつけてみる 二人雲行きを探るのね

肌の匂いも その声も
大きな爪のリズムも 私の奥を振るわせる
憂鬱な雲をはじいてゆくの

私の目の中に 君の目が映り込む
君の目の中にも 私が映るなんて


心の雲が晴れる 何処へ流れて消えた
君の目覗き込んでみるよ 吸い寄せられていくわ

唇離れたメロディーも 厚い手のひら
猫背のシルエット 私を揺さぶるの
君の雨雲もどこか遠くかなたへ

私の目の中に 君の目が映り込む
君の目の中にも 私が映る度

君を見ていたら 私を見つけたよ
私を見ていて もし君が君に会えたら

目を閉じて眠る時も 
一人に帰るときも
はなればなれの夜でも
一人きりを知っても
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-28 23:42 | Music(J-Rock/Pop)
Clammbon / LOVER ALBUM
c0089950_232825.jpg
Clammbon / LOVER ALBUM (J-POP)

1, PRAYER
2, That's the Spirit
3, As long as he lies perfectly still
4, 外出中
5, 波よせて
6, サマーヌード
7, Across the Universe
8, ナイトクルージング
9, 以心伝心 - You've Got to Help Yourself -
10, I Am Not A Know It All
11, カルアミルク
12, おだやかな暮らし
13, I Shall Be Released

クラムボンのカヴァーアルバムです。

ohanaとして一緒にやっている Super Butter Dog から、真心ブラザーズなど、
そのほかにもたくさんのジャンルからピックアップされた曲が、
クラムボンの原田郁子さんによって生まれ変わってます♪

ぜひ、聞いてみてくださいね。
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-28 23:36 | Music(J-Rock/Pop)
Cut 2006年12月号
c0089950_23155560.jpg
Cut 2006年12月号

AKIRA
功殻機動隊
銃夢
スプリガン
ガンダム
ルパン




日本の漫画・アニメのクオリティの高さは
世界でもずば抜けているのはもう世界の常識。

上に挙げたほんの少しのタイトルだけでも、
本当にいろんなジャンルで、視点でストーリーがある。

この雑誌は、
今までに発表されてきた作品(エヴァンゲリオンから、うる星やつらまで)の紹介や、
今後映画として上映される「PAPRIKA(パプリカ)」や「鉄コン筋クリート」の紹介までが書かれています。

しかも表紙は鉄コンの松本大洋描き下ろし!!

何にも考えないで見れるアニメや
真剣に社会を切ったアニメまで、この一冊で探して見てみては!?
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-28 23:24 | Book(Other)
玉造ログハウス飲み!!
茨城、玉造のみんなのログハウス一軒屋を丸ごと借りての
パーティーにお邪魔させてもらいました!

c0089950_2225718.jpg


写真が多いので、こっちでアップします!
11/25-26 玉造ログハウス飲みへ クリック&Go!! →→→

スゴイ楽しかった!!

玉造だけではなくて、
茨城の各方面からたくさんのみんながやってきて総勢二十数名!!!!

ほとんど初めて顔を合わせるオレなのに、
みんな本当に気さくに声を掛けてくれて、温かさをひしひしと感じました。



あそこに居た人達は、すごく人と人との繋がりを大事にしている人達なんだと思う。
だからあの場所はすごく暖かくて、居心地がいい所なんだと思いました。

一声でこれだけの人を集められるのは、きっとpigの人柄なんだろうなぁ。


また遊びに行きます!!
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-27 22:25 | Log
11/25 (土)
この日は、夜のログハウス飲みまではじかんがあるので
夜になるまで水戸観光♪

さて、水戸はいったいどんな街なんだろう??

11/25 (土) →→→
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-27 21:52 | Log
玉造ログハウス飲 06.11.25-26 @Tamatsukuri, Ibaraki
玉造・ログハウス飲みでの写真です!!

みんな良い笑顔してます♪

クリック&Go!! →→→
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-27 21:51 | Photo
分け合える時間
c0089950_2340404.jpg


君の生まれ育った街の
景色を見て、匂いを感じて、時間の流れを感じて、、、

そうしていると、なんだか
君に流れていた時間まで感じれたような気がしたよ。
学校に通う毎日とか、笑ったり泣いたりしていた時間を。

お互いが、誰かも知らなかった時に過ごした場所。
そこで2人で並んでる。

お互い、知らなかった時に同時に流れた時間。
そこで2人で同じ時間を分け合って。

うれしいね。

これから2人で、たくさんの事を一緒に感じよう。
これから2人で、たくさんの時間を一緒に過そう。

君と一緒なら、
全てのことが素直に感じられるような気がするんだ。
それって、素直な自分になれるって事だと思う。

これからは、何もかも同時に進んでいくんだ。
同じものを見るんだよ。

同じものを見つめるって事、
それがどうやら視線を合わせるって事みたいだね。

まだまだ、お互い知らないことがたくさんあるけど、
それは、これから過ごすたくさんの時間の中で探して、見つければいいよね。

ありがとう。
次は何処に行こうか?
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-27 21:50 | Log
11/18 (土)
土曜日は、P_Family の一人、yuuが池袋でライブを演るという事で、
その様子を見に(撮りに)行ってきました。

ライブ自体は1時から始まっていたみたいですが、
オレ達が到着したのは3時半ごろ。

yuuにお土産で2人で買ってきたジンとビールを渡し、
ライブ前にみんなで乾杯!!

内木君、君イイよ!!
細いし、プーだし、サクラだし!?

予定どおり4時からライブスタート。

c0089950_2210535.jpgc0089950_22101422.jpg

c0089950_22103760.jpgc0089950_22104894.jpg


みんな本当に楽しそうに演奏してたね♪
う~ん、触発されるっ!!
オレ等、ワカバンドもそろそろ始動しなければっ!!

yuu達のライブを無事見終えて、
P_Familyのみんなや、新キャラのコウイッちゃんとワイワイ。
c0089950_22114312.jpgc0089950_22115139.jpg


コウイっちゃん、君イイよ!!
初めて会った気が全くしなかった!!
面白いし、髭でドレッドだし、キューバだし、サクラだし!?


本当に楽しい土曜日、
その後は2人で池袋をプラプラして、おウチに帰って
超ユルユルな時間を過ごしましたとさ…♪
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-20 21:38 | Log
11/19 (日)
日曜日は、ある人のB_プレゼントをゲットしに大宮へ。

イイ物が手に入りました♪

その他にも、
c0089950_21361374.jpgc0089950_21362242.jpg

大きい葉っぱ(←危ないヤツではない。)とか、
シャワーヘッド(節水タイプ)とか、
ビデオカメラ(最高!!)とか、

BABY_HOLGA のフィルムとか、、、、

イイ物が手に入りました♪

これでいろんなもの撮りまくるぞぉ~おおおぉぁあああぁぁあ~~~!!!!!


P.S.シャワーヘッド付けて帰ろうと思ってたのにゴメン、、、
今度行った時に付け替えるよぉ~♪
あと、携帯灰皿あるよぉ~☆
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-20 21:36 | Log
手紙
c0089950_2132765.jpg

手紙
official site →→→
監督 / 生野慈朗
原作 / 東野圭吾
主演 / 山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ

人は一人では生きていけない。
この映画は人と人とのつながりを描いた映画です。

内容は、重い。。。
ずっしりと感じる映画でした。

夢を諦めなければいけなかったのも、
大事な人と別れなければいけなかったのも、
何をやっても上手くいかないのは、全て兄貴のせい。

人とつながることを避けて生きてきた直貴(山田孝之)に、光を与え続ける由美子(沢尻エリカ)。
その幸せさえ脅かされそうになったときに、兄・剛志(玉山鉄二)との繋がりである「手紙」を断ち切る決意をするも―
c0089950_21331694.jpg



「どんなにバカでも、オレの兄貴は兄貴だから」
この言葉にすごく心動かされました。
どんなに断ち切ろうとしても、それぞれの繋がりは決して消せないし、消えない。

人は一人では生きていけない。
人と人とのつながりは、大事にしなければならないですね。



あとで、一緒に行ったyukiに言われて気付いたのですが、
映画の中では一言もセリフの無い玉山鉄二の存在感。
ヤバ過ぎです。
[PR]
by minabe-keita | 2006-11-20 21:33 | Movie